状態異常はトイレで治す

皆様のお花を摘む時の暇つぶしになれれば幸せな便所の落書きです。

Dani California

マクドナルドが好きだ。

 

美味しくてジャンクで最高だから。

 

勿論ハンバーガーならだいたい好きだけど、マクドナルドのあの適度な雑さが好きだ。

 

そんなわけでぼくは割とマクドナルドを利用している。

 

さてマクドナルドと言えば外資系企業であることは言うまでもないが、外資系企業、とりわけアメリカの企業というものは様々な国の出身者を雇うことが多い。気がする。

 

先日ぼくが訪れたマクドナルドも例に漏れず、人種のサラダボウル状態の店舗だった。

 

この狭い島国の狭い店舗の狭いカウンターに、所狭しと様々な国の人間がひしめき合っていた。

 

ぼくのグラタンコロッケバーガーの手配をしてくれた女性も、恐らく中東系であろう顔立ちと独特のイントネーション、そして時折思い出したように見せるスマイルが魅力的なレディだった。

 

おおよそ6文節ごとくらいに1度わざとらしく見せるスマイルが面白かったので、ブログにでも書いてやろうかと思いつつグラタンコロッケバーガーを待つぼくの目に飛び込んできたのは、彼女の名札だった。

 

「シバタ」。

 

シバタなのか。貴女は。

そんなにカタコトなのにシバタなのか。

柴田なのか?

 

うん、面白い。

面白いが、ぼくは最近大人になった。

こんな公の場で他人の名前を見て笑う程ロックな人間では無くなったのだ。

大丈夫だ。ぼくは耐えた。

 

そんな折、ぼくはナゲットを食べたくなった。

よせばいいのに、ナゲットを単品で追加注文するぼく。

 

ナゲット単品の意味が分からず焦るシバタ。

 

ひとしきりあたふたした後、

 

「ナゲット ナイデス...」

 

と言い出すシバタ。

 

じゃあお前の後ろにいっぱい並んでる箱には何がストックされてるんだよ。

 

ぼくは耐えた。

大人だから。

 

そこへ、バタバタするシバタに気付いた同じく中東系であろう女性がやってきた。

「カルパナ」

と書かれた名札を付けたスレンダーな美人さんだ。

ぼくは助かったと思った。

ナゲットを無事に追加して、今夜はオマール海老ソースなる期間限定ソースにつけてナゲットを貪り食おうと思った。

頑張れカルパナ。

負けるな柴田。

 

...

 

 

 

...

 

 

カルパナは仕事が出来なかった。

 

何故来た。

 

カルパナよ。

来たならナゲットを用意してくれよ。

そんなに難しいか?ナゲットオマール海老ソース単品は。

 

カルパナよ。

落ち着いてくれ。ナゲット15個も要らないよ。カルパナよ。

 

そんなに要らないんだぼくは。

グラタンコロッケバーガーセットも食べるんだからそんなに食べられないよ。

 

誰か助けてくれ。

誰でもいいからぼくにナゲットを買わせてくれ。

 

なんか意地でも食べたくなってきた。

 

なぁ柴田よ。

スマイルはもういいからナゲットについて知ってる人間を寄越してはくれないか。

 

あとカルペナよく見たら新人じゃねーか。

何故来た。

 

そんな事を考えつつナゲットを待っていると、第三の刺客が厨房から現れた。

黒髪の白人だ。

また女性だ。本当にインターナショナルな店舗だなここは。

 

助けてくれ白き友よ。

 

ナゲットをくれ白き君よ。

 

 

あと君はなんて名前なの?

 

ふと気になった。

ただそれだけなのに。

 

___ああ、でも。

 

 

気になるなあ、名札。

見ようかなあ。名札。

 

 

こんなことに興味を持ったぼくが悪い。

こうなればもうぼくはなにを見ても面白スイッチが入るようになってしまっている。

 

でもそんなまさかみんながみんな面白い名前なわけないじゃないか。大丈夫。ぼくはまだ大丈夫。大人だから。

 

 

 

なあシペダよ。

やめろ、シバタと並ぶんじゃない。

 

ちょっと似てるんだよ。あとスマイルを向けてないでナゲットをくれよ。

 

 

なんなんだこの店は。

 

ぼくはもう限界だぞ。

 

「無」の顔が引きつり始めたぞ。

 

f:id:MementMory:20180323154312j:image

 

 

さすがにもう無いだろ。

ぼくは意地でも笑わないし、意地でもナゲットを持って帰るんだ。

 

だから頼む、頼むから奥の方に居るあの日本人を連れてきてくれ。

 

 

名前は...

 

山村。

 

山村ね!うん、いい。とてもいい。

山村ー!はやくきてくれー!

 

世界のみんなー!オラに山村を分けてくれー!!

 

あれ?来る?山村来る?よし!来い!山村来い!来い!

 

え?

 

どこ行くの?

 

山村?

 

山村さん?

 

ウソだろ?

 

厨房の人なのか山村さん?

 

え?雑談中?

 

ウソだろ山村?

 

目ぇ合ったよな山村?

 

山村?

 

シバタとシペダとカルパナを助けてくれよ山村!

 

よしいいぞ!いいぞ!来い山村!

 

いや...

 

待て山村。

この期に及んで更なる外国人を連れて来るな。やめろ。

 

「ボブ」だろ?そいつの名前。なあ。そうなんだろ?

黒人マッチョの名前と言えばボブだよね?

ていうか連れて来んなって!山村だけでいいんだって!!連れション感覚でボケに来るなよ!

 

何をやってる山村ァー!!!

 

...

 

 

 

...

 

 

 

 

その後どうなったかって?

結論から言うとぼくは負けたよ。

こてんぱんに。

 

詳しくは山村に聞いてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山村とサンソンに。