オクターブ下の掃き溜めから

皆様のお花を摘む時の暇つぶしになれれば幸せな便所の落書きです。

ミセテクレ

スパイダーマン:ホームカミング」

が楽しみすぎて夜も眠れない。

f:id:MementMory:20170727220913j:image

 

僕は毎日上記のタイトルで検索をかけまくっては来たる8月11日に向けて想像を膨らませている。

 

ただただそうして楽しく待っていたいのに、なんなんだ。ノイズになる情報が多すぎる。

 

関ジャニ∞の主題歌&PRの広告塔問題」

 

が楽しい気持ちを掻っ攫って行ってしまう。

 

なんなんだ。

吹き替え版の主題歌?

ふーん。

 

そんなモンさぁ、だいぶ前の映画からそうじゃない?

俺だって「インサイド・ヘッド」でいきなりドリカムが流れた時は苦笑いしたよ。

 

つまりディズニージャパンが悪いんだよ。

 

悪いっていうか下手っていうか。

 

まぁね、分かるよ。

ディズニージャパンがやろうとしてることの正しさはよく分かる。

 

要は我々のような根っからのオタクはさ、べつに大々的に広告打たなくても勝手に映画館に観にくるんだよね。

だから言ってしまえばそこに広告料を払う必要は無いわけで。

 

じゃあ大ヒット間違いなしの映画を超大ヒットさせるにはどんな広告を打つべきか。

それは恐らく、

「普段映画館に来ない層の人間を映画館に来させるための広告」

だよね。

 

だから吹き替えに俳優や芸人を使うし、関係ない曲を無理矢理くっつけてタイアップさせるし、試写会にジャニーズを呼ぶし、タイトルも日本国内仕様に変える。

 

だってそうした方が儲かるんだもの。

 

「ドラ泣き」が流行ったから、

「BIG HERO 6」というアメコミ原作のバトルロボアニメf:id:MementMory:20170727221045j:image

 

を、「ベイマックス」ってタイトルにして無理やりf:id:MementMory:20170727221120j:image

「少年と丸くてかわいいロボットが心を通わせていくハートフルなストーリーで泣きましょう!」

みたいに宣伝したのと同じ理屈だよね。

ドラえもんのび太くんみたいな話を天下のディズニーが作りましたよー!!」

って宣伝しとけば確かに「見たい!」ってなるもんね。

 

実際それで収益が増えてるわけだから、これは正しいことなんだよ。

 

米倉涼子ブラックウィドウ竹中直人のニックフューリーがどれだけクソみたいな演技でも、それで観客が増えるならそれは...

...いやそれでほんとに客増えてんのか?

アレだけは許さねえぞ!ビチグソが!

 

話を戻そう。

「ソー:ラグナロク」「ガーディアンズオブギャラクシー:vol.2」

のタイトルが、

「ソー:バトルロイヤル」「ガーディアンズオブギャラクシー:リミックス」

に変えられたのも、そもそもタイトル変えられて怒るほどこれらの映画に興味のある奴向けに宣伝したくないからなんだよ。

 

この広告のメインの標的であるライトな脳みそのパーティーピーポーたちはさ、「ラグナロク」なんて言われても分かんないよ。

でも「バトルロイヤル」なら、

「ウェイ!戦うっしょ!バトるんしょ!アガる〜↑↑」

ってなるでしょ。知らんけど。

...真面目に考えると、「子供にも分かりやすいタイトル」 なのかな。ヒーローものなわけだし。

 

ていうかソーに関しては最初っから間違ってるからな。

「ソー」は「Thor」、北欧の雷神「トール」の英語読みの名前だし、彼のハンマー「ムジョルニア」は「ミョルニル」の英語読みだし。

北欧の雷神なのに英語読みなのかよ!って時点で最初っからアホに向けて作ってんだよ。

 

「Vol.2」と「リミックス」問題は、これも子供視点で考えると「2じゃん!1観てないから興味ない!」って思われるから敢えて子供には分かりにくいように「リミックス」にしたのかな。たぶん。

続編モノってそういう配慮しないとマジでコケるらしいからね。うん。多分そういう事なんだろう。

 

アイアンマンは人気ヒーローだから映画のタイトルもシンプルに無印.2.3だもんね。

それに比べてソーは人気がないから、

マイティ・ソー

ソー:ダークワールド

ソー:バトルロイヤル

と全部分かりにくいことになってると。

うんうん。

 

で。

関ジャニ∞xスパイダーマン問題よ。

 

これもね、

「何を今更、今までと同じようなパターンだろ」

と思ってたんだけどさ。

 

ちょーーーっと違うんだよね。今回。

 

これがまずいのはジャニーズを起用しちゃった点。

 

確かにさ、観る映画を選ぶとき、内容や題材よりも俳優で選んじゃうような頭パッパラパーな多数派の人たちをターゲットにしたマーケティングが正しいとは言ったよ。

 

でもなあ。

ジャニーズのファン連中は、パッパラパーはパッパラパーでも少し毛色が違うんだよ。

 

ジャニーズ「だけ」にしか興味がないんだよ。奴ら。

だからどんだけCMやPRをジャニーズにやらせても、あいつら映画館に来ないと思うよ。

 

試写会には殺到するかもね。

でも奴らは1800円払ってスパイダーマン観に来ないよ。

 

って思ってたら案の定だよ。

 

試写会でさ、関ジャニのメンバーが出てきてトークして歌って、その後に上映したんだってさ。

 

試写会に来てた奴の半数は関ジャニファン。

で、そいつら関ジャニショーが終わったらスパイダーマンの本編観ずに帰ったんだってさ。

 

だって関ジャニが帰ったから。

 

な?

これで映画の収益になるか?

 

ならないでしょ。

もっと言えば、ただ依頼されて仕事をしただけの関ジャニ∞が、無駄にスパイダーマンのファンから嫌われるだけでむしろ彼らにとってマイナスになってんじゃないかと。

 

実際ツイッターとかで調べると山程出てくるんだよ。

 

オタク「関ジャニとかいうクソがPRやってんじゃねーよ!フガフガ!」

 

ジャニオタ「eight(関ジャニのこと)はふざけた事だけやってると思われてるけど違うから!真面目にやればカッコいいんだから!eight叩くんならもうスパイダーマンごと観にくんな!eightなめんな。ブヒブヒ」

 

こういう的外れ同士のやり合いがさ。

 

お互い間違ってんだよこいつら。

叩くべきものとか擁護すべき点とか全部間違ってるわ。

 

悪いのはディズニージャパンと1部のジャニオタでしょ?

 

オタクならもっと思慮深くあれよ。

あと信仰してるものの価値を下げないように発言しろよ。

 

お前らがお前らの好きなもののアンチ作ってんだぞ。

そんなことで迷惑かけんなよ。

 

好きなものを台無しにされて悔しい

とか、

好きなものを貶されて悔しい

とかそういう気持ちは分からんではないけど、やっぱり怒りの矛先は正しい方向に向けてないとただいたずらに傷つく人間を増やすだけだろ。

巨悪だけでいいんだよ傷つくのは。

 

居心地悪いだろうなー関ジャニの人ら。

個人的には割と好きなんだけどなー。かわいそう。

 

ディズニージャパンもこういう、「あー関ジャニね、おもしろいよね」みたいなライト層を主に取り込もうとしたんだろうね。

 

まさか天下のディズニーがジャニオタの民度を把握してなかったなんてこと無いだろうしなあ。

 

でもまあ「今、丁度いい好感度の歌手」ってことで起用したんだろうね。うん。

 

でもそんなリスクを負うぐらいなら、マーケティングの標的は子供だけに的を絞ってヒカキンとか使ってた方がまだ良かったんじゃねえかなー。

 

とは言えこんな話題でSNSが盛り上がってるのも事実だから、頭のいいディズニージャパンはこれを見越して炎上マーケティングをしているのかもしれない。

 

 

だとしたらこうして今真面目にせこせこと記事を書いている僕も、ディズニージャパンに踊らされているクソアホ人間の1人なのかも知れない。

 

 

 

おわり