読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オクターブ下の掃き溜めから

皆様のお花を摘む時の暇つぶしになれれば幸せな便所の落書きです。

HELL'SKITCHEN

こんばんは。
この度「長谷川バタ子」に改名致しました、わたしです。

ところで地獄ってご存知?

そうです。生前悪い事した人が死後連れて行かれる場所ですね。

そこには生前の罪の度合いやら罪の種類によっていろんな階層やら門やらがあって、それに因んだ罰を鬼的な人たちに食らわされると。

でもね、犯罪の種類ってどんどん増える一方じゃないですか。

そうすると刑罰の種類も増やしてかないと、悪い奴側がこう、

「地獄に来たものの、なんかこれ違うな...」

みたいな事になりかねないと思うんですよね。

たとえばオレオレ詐欺で地獄に来た奴が血の池地獄に連れてかれても、

「うわあツラいなあ...でもこれ俺とあんまり関係なくね?」

ってなって、意識がそっちに行っちゃって罪を償う事に集中できないんじゃないかなって思うんですよ。

そこで今日のテーマはこちら!

「近代犯罪者向け地獄を考えよう!」

です。

まあ平たく言うと近代っぽい犯罪をいくつかピックアップして、それに因んだ地獄の刑罰を考えてやろうじゃないかって事ですね。

まずはこちら!

先述したオレオレ詐欺

これ。

まあ大きく括れば詐欺なんですけど、やり口がもう悪すぎ。特に最初にこれ思いついた奴ね。

人生のどっかの時点で、

「あ、そうだ!お金は持ってるけど使うところのないおばあさんに、息子を装って電話してお金を騙し盗ろう!」

って思うか?普通。
とんだサイコ野郎だな!

そんな奴には普通の地獄での刑罰なんて効きません。絶対ケロっとしてます。
なので、こいつには精神的ダメージが有効です。そこでこんなの考えました!

【母さん助けて地獄】

・「オレオレ詐欺」に代わる新しい名前を延々考えさせては発表させて、SNSで若者たちから
「言いにくくねw」
「前の方が良かった」
「こんな無駄な事に時間と税金使ってんじゃねーよ」
みたいなリアクションを貰い続ける地獄。

これを、生前騙し取った金額×24時間。

どうこれ?
心へのダメージを取りに行った意欲作です。

続いてこちら!


サイバーなテロ。ご存知?
俺は知らない。知らないけどなんか現代っぽいよね。
たぶん閻魔様ももう結構な歳だからさ、知らないと思うんだよね。サイバーテロ
とりあえず無間地獄入れとく?みたいなずさんな管理になってそう。

で、サイバーテロ犯はたぶん賢いからノートPCひとつで無間地獄から出られちゃうみたいな。

どうせ無間地獄の門のパスワードは閻魔様の誕生日とかでしょ。
たぶんおじいちゃんだし。

これじゃあダメだよね。しっかりしろよ地獄!!

そこで次期閻魔大王と噂されるこのわたしが考えました。

【江戸っ子地獄】

・江戸っ子地獄です。
「どうせアナログ地獄とか言うんだろ!死ね!」
という罵声がどこからか聞こえた気がしたので変更しました。

さてこの江戸っ子地獄。
なんとアナログじゃないんですよ。
パソコンもあればスマホもあるし、SNSだってあります。

この段階ではまだ
「サイバー野郎の思う壺じゃねーか!死ね!この豚!豚!」
と言われても仕方ありませんね。

しかしご心配なく。ここにはサイバー野郎以外には江戸っ子しか居ません。

なので文化はまさに江戸そのもの。

「いいね!」ボタンの代わりに、
「粋!」ボタンと、「てやんでぇ!」ボタンがあります。

「フォロワー」も「ふおろわ」です。
また、デフォルトで書かれている
「今なにしてる?」も、
「おうおうおうおう!おめーさん今なにしてやがんのか聞いてんでい!べらぼうめ!江戸っ子は気が短えんだ!それ書きな!やれ書きな!どうしたどうした!おうおうおうおう!えいえいえいえい!おうおうおうおう!」
に変更されています。

これによりサイバーくんの心がじわじわとダメージを負っていきます。

ちなみに彼が「江戸のやつらずっとイェイイェイウォウウォウ言っててワロタw」とツイートしたときの反応はこんな感じです。

粋!0件 
てやんでい!80000000件

@cyber_334
えいえいえいえい!

@cyber_334
おうおうおうおう!

@cyber_334
べらんめえ!おとといきゃーがれってんでい!おうおうおう!

とまあこんな感じで、粋でない発言をする度に八千万ぐらいのてやんでぇ!とリプライが飛んできてサイバーくんの心を蝕みます。

この生活を、彼が生涯キーボードで打ち込んだ小文字の「w」の数×1年。

きついでしょ?間違いなく2度とスマホとパソコンに触ろうとしなくなりますよ。
これが江戸ッター地獄です。

さて江戸ッターあたりでもう万策尽きた感が出てきたので、本日の地獄はこれくらいにしておいてあげます。

気が向いたらまた書きます。

ごきげんよう!