読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オクターブ下の掃き溜めから

皆様のお花を摘む時の暇つぶしになれれば幸せな便所の落書きです。

●●●野郎の話

はい着席。

 

日直挨拶。

 

きりーつ

れー

 

はい。

 

今日のテーマはチンポ野郎のチンポソングについてです。

 

ここから先、先生は偉そうな話をします。

加えて、

「チンポ」

「セックス」

といった単語が頻繁に出てきますから、苦手な生徒は退出するように。

 

 

 

いいかー

 

 

 

 

書くぞー

 

 

 

 

じゃあ始めます。

 

 

 

「俺ファンキー加藤嫌いだわ」

って言ったのって、たぶん人類で俺が1番最初だと思う。

 

「顔と身振り手振りがウソ臭いんだよこいつ」

と、

「思ってもない事をあんな貼り付けたようなうさんくさい笑顔で歌えるサイコ野郎」

って言ったのもたぶん俺が1番最初。

 

「ファンキーだと思ったら実はモンキーで、彼のベイビーズに新メンバーが加わったんですね。」

って言ったのもたぶん俺が1番最初。

 

「タッチャブルな元嫁」

って言ったのもたぶん俺が1番最初。

 

こいつには

「何かを伝えたい」

とか

「人を元気にしたい」

みたいな綺麗な動機が一切無くて、

「有名になって無茶苦茶セックスしたい」

っていう、ミュージシャンを志す若者の誰もが持ち得るであろう動機の中でも1番醜いものしか持ってない癖に、

「夢」

「愛」

「元気」

「勇気」

みたいなものを全面に押し出して、恥ずかしげもなく

「俺、熱いんすよ!」

「俺、みんなを応援したいんすよ!」

みたいな顔してんのが本当に嫌い。

何なん?こいつの身振り手振りと表情の胡散臭さは。

 

f:id:MementMory:20161222085534j:image

 

いやね、

不倫なんてロマンがあっていいじゃない。

俺はそこは別に否定しないよ。

そこじゃないんだよ。

 

だったらもっと正直に

「エロいことたくさんしたいなー!」

って歌えよ。

 

きったねぇ腹の底から汲み取ったきったねぇ歌をきったねぇ顔で歌えよ。

 

俺は、

「ムカつくんだぜ 顔がいい男が とにかく嫌いなんだ 顔がいい男は この世から居なくなっちまえばいい訳ですよ!」

っていう、サンボマスターのパロディバンドのブサンボマスターのこの歌詞の方が余程勇気づけられるし明日から頑張ろうって思えるよ。

 

普段から溜めてるフラストレーションみたいなものを正直に吐き出してくれた方が気持ちいいよね。

 

加藤みたいな正真正銘のチンポ野郎のチンポソングよりも、

 

その辺の駅前で歌ってる奴の

「明日なに食べよっかな」

みたいな曲の方が絶対にいい曲だと思うんだよ。

 

あとね、

チンポ野郎のチンポソングの何が嫌いって、一人称視点なとこ。

 

頑張れーとか愛だ恋だって曲でもさ、第三者視点の戯曲みたいな曲なら全然オッケーなわけよ。

 

「こういう男とこういう女が居て、こんな事がありましたとさ。」

 

なら納得できるわけ。物語としてね。

それならウソだろうが歌詞が臭かろうが別にいいじゃん。お話なんだから。

スピッツとかそんな感じだよね。

 

でもチンポソングはさ、

「爽やかな僕が爽やかな歌を歌ってますよ!!!!感動するでしょ!!!!!」

 

っていう一人称視点なの。

つまりチンポ視点なの。

チンポに脳みそがついてる癖に。

全部ウソなのに。

 

そこが本当に本当に気持ち悪いし嫌い。

 

 「生でセックス気持ちいいでしゅ〜」

しか考えてねぇのによくもいけしゃあしゃあと活動できるよね。

 

生まれた子供の事なんて一切考えてないんだよ。

将来その子

「お前の父ちゃんモンキー加藤〜!」 

ってイジめられるんだよ。

 

そこまで考えもせずに避妊もしないで

「おちんちん気持ちいいれしゅ〜」

っつって子持ちのお姉さん妊娠させてんだよ。

 

生まれた子供には、チンポ加藤が歌ってるような愛も夢も希望もないんだよ。

 

こんな奴が干されないのはおかしいと思って色々調べてみたわけ。

 

俺ね、根っからのイヤな奴だから嫌いなものほど詳しくなるタイプなんだ。

 

それでさ、調べてみてよく言われてるのが、

 

ベッキーと違って、記者会見で正直に謝ったから炎上しなかった」

 

って理由。

 

は?

 

ゲス川谷は確かにチンポ野郎だけど、無計画に子作りとかしてないよ?

モンキー加藤みたいにチンポソング歌ってないよ?

 

少なくとも、ミュージシャンとしてちゃんと作りたいもの作ってように見えるよ?

 

加藤が正直?

 

「ぼくはほんとはチンポでものを考えるチンポ野郎で、撒き散らした精子の責任も取らないカッコウです。ぼくの歌は全部ウソです。子供が将来どうなろうが知りません。」

 

ってちゃんと言ったの?

 

音楽ってなに?

父親ってなに?

夫婦ってなに?

 

「国語の先生で!!聖人ぶってたあの乙武さんが!!!なんと不倫してました!!!!!」

 

って報道しまくってたじゃん。

加藤は無責任に子供まで作ってんだぞ。

しかも作るだけ作って育てないときた。

 

なんでもっとこれを取り上げないの?

 

ASKAと成宮くんのラリラリの方が面白いから?

 

ヤク中なんて最終的に自分が廃人になるんだから別にほっとけよ。

 

なんの罪もない子供の人生を生まれた瞬間から滅茶苦茶にしたモンキーチンポの方が余程悪い奴だろうよ。

 

こいつは、

 

ファンキー加藤:今までもそうだったんですけど、これから、ファンキー加藤ひとりになった時に、より言葉を真っ直ぐに歌うミュージシャンでありたいと思いますね。メロディーをテクニカルに歌うことは出来ないので、短所を補うよりは長所を伸ばしていくことを意識しています。

 

何食わぬ顔してこんな事言ってるんだぞ。

「より言葉を真っ直ぐに歌うミュージシャンでありたい」

ってどの口が言ってんの?

口からマン毛はみ出してんぞ。

 

「おまんこおいしいれしゅう〜」

 って言えよ。真っ直ぐによ。

 

クソが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ働いてお金を稼いでるだけ、彼はぼくより偉いんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼も語尾に「まぁぼくはチンポでものを考えてますけどね。」ってつけてくれたら好きになれるのに。

ランボー怒りのライブハウス

こんばんは。フリーの無職をやってます。長谷川です。

 

最近いろんな方面の非無職の方々から無職を退職してうちに来ないかといった内容の悪質な勧誘を受けています。

 

どうせ他の無職にも同じ事言ってるんでしょ?

 

アタシだけじゃないんでしょ?

 

働いてる人はみんなそう。

 

おあいにくさま!

アタシはそんな安い無職じゃないの。

 

アタシを働かせたかったら、もっと楽な仕事を持ってくるのね。フン!

 

ところで、

なんか知らないけど読者が増えてきてるらしいので、

ここいらでちょっとずつ触れにくい、普段見ないようにしている話もつついて行こうかと思うのよ。

 

そう、

 

「アマチュアバンドマンのMCつまんなすぎ問題」。

 

いやー、これね。

普通のブッキングライブって平均5〜6バンド出るわけじゃん?

で、持ち時間はだいたい20〜30分ぐらいだよね。

 

チケット代は1000〜2500円+ドリンク代500〜600円と。

 

でさ、だいたいお目当のバンドはひとつでしょ?

 

仮にそのバンドの出番が1番最後で、仮に最初のバンドがやってる時から観てたら4〜5バンドのクッソ面白くないMCを観ないといけないわけでしょ?

 

地獄じゃない?これ。

 

バンドの内輪ノリが寒いとかそういうんじゃなくてさ、マジで面白くないよね。

 

ギター「チューニング中だからなんか喋ってよ」

 

ボーカル「え〜...次回のライブはどこそこでほにゃららほにゃららで〜...言うこと無くなっちゃったよ〜まだ〜?」

 

みたいなの。

何これ?何を見させられてんの?

 

そんなクソつまんねえバンド絶対に観に行かねえから、次のライブの話すんのやめた方がいいよ。

 

「観客を楽しませる」

っていうのが我々の使命なんじゃないの?ナメてんの?

 

ステージの上で何をしに来たの?

 

ていうかね、観客の前で面白おかしくお喋りも出来ない奴らにいい音楽なんて作れる訳ないと思うの。

 

人に何かを伝えたいんだろ?

その伝達力が死んでる奴の音楽聴こうと思うか?

 

大多数がお前らの音楽なんて知らないし興味も無いんだぞ?

 

「MCはボーカルに任せるわ(笑)」

みたいな感じで一切喋らずに責任転嫁してる奴らも何なの?

 

お前らの演奏でつまんなさをカバー出来てると思ってんの?

 

残念だったな!

案の定曲が始まってもつまんねーよ!

 

でさあ、

少ない曲数で且つMCもやらないで持ち時間余らすバンドって何なの?

 

お前らさ、イベンターに高い金払わされてんじゃねえの?

ノルマ回収できてんの?

出来てねぇだろ?

 

大赤字なんだから勿体ねえ真似してんじゃねーよ。

 

観客はお前らのこと、

「よし早く終わってくれた」

ぐらいにしか思ってねーよ?

それでいいの?

 

コミュニケーションが苦手ですぅ?

 

死ね!

 

2度とステージに上がるなお前は!

 

もっと観客に媚びろや!!!!

 

お前は大物なのか?あ?

森進一の息子なのか???

ジャニーズ時代の客呼べんのか????

 

違うだろ!!

お前は!

ただの!

クソの掃き溜めから出て来たクソそのものだろうが!!

 

だったらちょっとはマシなクソに見えるように努力しねえでどうすんだよ!!!

 

おいクソ!!!!

お前らの事だぞ!!!!!!

 

クソ!!!!!!!!!

 

いいか!

お前は!

今!

クソのケツからひり出されたクソだ!

ただの"見下される対象"だ!

そりゃ見向きもされねーよ!

 

イケメンか?

面白いか?

金持ちか?

 

どれも当てはまらねえだろ?

 

だったら喜び勇んでピエロになりきらんかい!!!!!!

 

バンドはサーカス団だぞ!

お前のサーカスにはピエロも居ねえ、空中ブランコもねえ、動物も居ねえ!

 

それで誰が観に来る気になるってんだゴミ虫!!!!!!!!!

 

頭使え!!!!

 

喋れ!喋りまくれ!

 

観客増やしてえんだろ?

 

「なんかぁ、いい曲作ってぇ、ライブやってぇ、偉い人に認めて貰ってぇ、メジャーデビューしてぇ、テレビ出てぇ、」

 

アホンダラ!目を覚ませ!

お前にそんな才能ねーよ!

 

「どんな曲か」

じゃねえ!

「誰の曲か」

なんだよ!

 

お前は誰だ!?

クソだ!

 

だったらお前がお前として認識されるとこから始めねーと観客なんか増えるわけねぇだろが!!!

 

ツイッターのフォロワーが何人居ようとな、その中からちゃんと金払って電車に乗って観に来てくれる奴の人数なんて2%ぐらいだぞ!

しかもその中の1%は身内だ!

 

有象無象のクソから這い出たいんだろ?

 

だったらまず観客の心を鷲掴みにしねえでどうすんだよ!!!!

 

どうせ他のバンドのファンだって大してそのバンドに思い入れなんかねーんだよ!

 

そいつら横取りしろよ!

お前のサーカスが楽しけりゃ簡単に横取り出来るんだよ!

もっとハングリーになれや!!

会場でお前らのライブ観てる奴ら全員楽しませろよ!!!

 

みたいな事ばっかり考えてると、バンドが解散するから気をつけろよ。

 

あと上手くならない奴と面白くない奴はすぐクビにしろ。

 

下手くそに下手くそって言わないでウダウダしててもいい事なんて何1つねーぞ!

 

「観客を楽しませる」

って意識が無い奴が1人でも居たら成立しねえからな!!

 

サーカス団に真顔で棒立ちな奴が居ても困るだけだろ?

 

観客はもっと困ってんだよ!!!

 

調子に乗るな!

 

最底辺のクソの塊がいっちょまえにプライドなんか持ってんじゃねえよ!

 

自覚しろ!!

 

お前は最底辺のクソで、観客様はお前らより数億倍も上等な生き物だ!

 

エフェクター買いまくってる暇があったら落語のCDとDVDを買え!

 

クソの足元に何が並んでようと

「カラフルなクソ」

ぐらいにしか思われねえよ!

 

「面白くて楽しいクソ」

になれ!!

 

お前らが主義主張を持てると思うなよ!!!!

 

お前らの伝えたい事なんて右から左だ!!

 

ハリウッドザコシショウ叩いてる場合かよ!

お前らあいつ以下だからな!

 

ライブはスポーツじゃねぇんだから、いくらでも反則でも異種格闘技でも凶器攻撃でもやりゃあいいんだよ!

 

もちろん比喩表現だぞ!

 

対バンした周りのクソバンド見てみろよ。

ルールに則った優等生ボクサーばっかりだろうが!

 

曲やってクソつまんねえ話して曲やっての繰り返しだ!

 

お前はそんなイージーなリングに上がってふわふわのテレホンパンチ食らって負けてんだぞ!

恥を知れ!

 

ボクシングのリングじゃねぇんだぞ!ドロップキックもフライングボディプレスもアリなんだぞ!

パイプ椅子でブン殴れ!

 

客を煽れ!

 

死ぬ気で、殺す気で勝ちに行かないと絶対に勝てないんだぞ!

 

俺たち極悪プロレスラーがやれる事は全部やれ!

 

その第一歩こそがライブのMCなんだよ!!

 

まずMCの台本を書け!!

 

そしてそのMCをスタジオでちゃんと練習しろ!!

 

そして対バンを見て研究しろ!

 

「あー、だから客呼べるのか」

でも

「あー、だから客呼べないのか」

でもいい!

 

楽屋に引きこもってんじゃねえよクソバカたれが!!

 

少ないチャンスをモノにしろ!!

 

でなきゃ勝てねえし誰も振り向いてなんかくれねえよ!!

 

いいかクソども!

大事なのは!

 

お前が誰か!

お前らが誰か!

 

そこを認識させてやる事からだ!!

なのに会場に居ないんじゃあ話にならんだろうが!!!!

 

目的を忘れるな!!!

 

媚びる事を恥じてクソみたいなライブをするクソになってそのクソ・クソプライドを守り切ってその先に何が待ってんだ?

 

サーカスナメてんじゃねえぞ!!!

 

戦争だ!殺し合いだ!

 

でも笑顔を浮かべとけ!

 

闘志は隠しとくもんだ!

 

周りに惑わされるなよ!

 

クソイベンターとクソ対バンはクソみたいな事しか言わねえからな!!

 

「いやー、すっげえ良かったっすよ〜」

を信じるな!

 

「演奏中もっと派手に動いた方が〜」

 

そこじゃねえ!それは次のステップだ!

クソにはまだ早い!

 

なんだそのセットリストは!!!

全曲オリジナルだあ?

 

バカたれが!!!!!

 

知らない奴の知らない曲でどうノれってんだよ!!!!!!!

 

コピーを混ぜろ!!!!

 

やっていい事は全部やれっつってんだろハナタレ小僧が!!!!!!!

 

ライブハウスはJASRACに金払ってんだ!!!

既存の曲やってもいいんだよ!!!

 

バンドやってんなら盛り上がりそうな曲の1つや2つ知ってんだろ!!!!!!!

 

だったらやれよ!!!!!!!!!!

 

殺すぞ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場からは以上です。

無職の提供でお送り致しました。

 

よくわかる「そいつぁオモチャじゃねぇ。人殺しの道具だ」ができるまで

おはよう〜!

 

みんなの長谷川おにいさんだよ〜!

 

今日はおにいさんと一緒に、

 

「そいつぁオモチャじゃねえ。人殺しの道具だ」

 

が出来るまでをお勉強していこうね〜!

 

さて、一口に

「そいつぁオモチャじゃねえ。人殺しの道具だ」

って言っても、いろんな

「そいつぁオモチャじゃねえ。人殺しの道具だ」

があるよね!

 

みんなはどんな

「そいつぁオモチャじゃねえ。人殺しの道具だ」

が好きかな〜?

 

じゃあまずは、だいすけ君に聞いてみようかな!

 

うんうん、

 

うん、あー。

 

うんうん。そのパターンね。はいはい。

 

 

そうだね!

「ハードボイルドな殺し屋がたまたま助けてしまった少女が、家族の仇を討つ為に震えながら銃を構えたときの」

 

は、やっぱり王道だよね!

 

我々の業界ではこのパターンを、

「ナタリーポートマンの全盛期」

と呼んでいるよ!

 

詳しくはトヨタドラえもんでお馴染みのジャン・レノ主演「LEON」を観ようね!

 

さあ、他にはどんな

「そいつぁオモチャじゃねえ。人殺しの道具だ」

があるかな?

 

じゃあ次はー、リョウくん!

 

うんうん。

あー。それはね。もうそうなるよね。

その人限定だけどね。

 

はーいありがとう。

 

「椅子かハシゴを持った敵と出会った香港映画のアクションスターの」

 

ね。

 

これはみんな分かるよね!せーの!

 

ジャッキー・チェン」!

 

だね。あの人は武器を選ばないからね。

ただ、殺してるかどうかは作品によってまちまちだけどね。まあいいでしょう。

 

え?

 

ああ、それはね。言うまでもないね。

 

せーの!

 

「スティーブン・セガール」!

 

はいよく出来ました。あの人もね。うん。

なんだったら武器とか要らないもんね。

 

でもちょっとだいすけ君のあとの2人はベクトルが違うかなー!

 

よーし!じゃあそろそろ、

みんなで理想の

 

「そいつぁオモチャじゃねえ。人殺しの道具だ」

 

をつくろー!

 

まずは材料を用意しないとね!

 

例えばそうだなぁ、

おにいさんだったらまず「核兵器」を用意するね。

 

え、そう、核兵器核兵器だよ。

核兵器は持ってて嬉しいコレクションじゃあないんだよ!使わなきゃ!

 

分かる人にしか分からない冗談はおいといて、おにいさんがなんで核兵器を用意したのか教えてあげよう!

 

まずベーシックな、

「そいつぁオモチャじゃねえ。人殺しの道具だ」

だと、みんなとりあえず拳銃を用意しがちだよね。

 

おにいさんはそこね、もっと自由でいいと思うんだ。

シチュエーションだってたくさんあるわけだしね。

 

だから今回は核兵器を用意してみたんだよ〜!

 

次用意するのは〜、

はい!「大統領」〜!

 

みんなはどんな大統領が好きかな〜?

やっぱり黒人?それともKGB出身のロシア人?はたまた元大統領の奥さん?昔の大統領の息子?それは無いか!無いな!絶対にありえないな!アーミッシュぐらい熱心なキリスト教徒じゃない限りあんな出来の悪い息子を大統領にしようなんて考えつかないよな!!!!!

 

 

ふぅ...

別に特定の人物のこと言ってるわけじゃないよ。ほんとだよ。

 

さて今回おにいさんが用意した大統領はねぇ〜...

 

「ヘタレだけど決して悪人ではない大統領」

 

だよ〜!

 

この段階でもうだいたいの完成図が予想できてる子はハリウッド映画と海外ドラマの見過ぎだよ〜!

 

・オモチャじゃねぇもの

・言われる人

 

が用意できたところで!

 

さぁお待ちかね!

「そいつぁオモチャじゃねえ、人殺しの道具だ」

の主役こと、

「言う人」を用意するよ〜!

 

おにいさんはこんなのを用意してみました!

 

「テロリストにボコボコにされた後、拘束されてひざまづいてる政府のエージェント」〜! 

 

はい。

そうだね!

片目にアザができてて、口からは血が出てるね!で、両腕を左右からテロリストにガッチリホールドされてるね!

あとキーファー・サザーランドだね!

 

 

それじゃあ材料も集まったところで、どうやって

「そいつぁオモチャじゃねぇ。人殺しの道具だ」

が出来ていくのか、おにいさんと一緒に見てみよう!

 

...

おや?これはさっきついでに用意しておいたテロリストだね!

なにやら大統領を脅してるみたいだよ!

 

...

 

 

「家族の命が惜しければボタンを押せ!自らの手で合衆国を終わらせるがいい!フハハハハ!」

 

「別に抵抗してもいいんだぜぇ?このヘボエージェントみてぇになりたきゃなあ!ぐへへへへへへへ!!」

 

...

 

なるほどなるほど。

どうやら人質をとって、アメリカ大統領に自国に向けて核を打たせる気みたいだね!

この後どうなるんだろうね?

 

...

 

「大統領...押すな...」

 

「クソッ...!私は...私はどうすれば...!」

 

...

 

出てきたー!

みんなー!

ボロボロのエージェントが早くも出てきたぞ〜!

 

そしていい奴だけど色々弱そうな大統領も出てきたよ〜!

 

そろそろかな〜?

まだかな〜?

 

...

 

 「クソッ!!多くの国民の命が犠牲に...しかし、これを押せば私の家族は助かるんだ...!なら押すしか...!私は...私は...!」

 

...

 

おっとぉ〜 ?

これはいけないね!

このままではアメリカに死の灰が降り注ぐことになってしまうね!

まだかな?

 

...

 

「私は...アメリカ合衆国大統領だ!!!」 

 

...

 

おーっとぉ!

こっちのパターンだったー!

押さないやつだこれー!

うおーー!!!!!

 

...

 

「マリア、キャサリン、そしてジョッシュ...すまない...私は駄目な父親だ...」

 

「なぁにぃ〜!?じゃあお前の家族が●●されて●●されてもいいってんだな!?ご立派だぜ大統領さんよぉ!」

 

...

 

出たー!銃の持つところで殴るやつー!

大統領ー!!

U!S!A!

U!S!A!

 

まだ?

 

...

「よく言った大統領。あとは任せろ」

 

「ああん!?そんな状況で何寝ぼけたこと言ってやがんだこの野郎!」

 

...

 

出たー!!

実は大統領が時間を稼いでる間にエージェントは縄抜けしてたパターンのやつー!!

あとたぶん大統領の家族は無事保護されるやつー!!

テロリストボコボコにされるやつー!

 

あれ?終わっちゃわないかこれ?

 

...

 

「ふぅ...名演説だったぜ大統領。立てるか?」

 

「フフ、これでも演説には慣れていてね」

 

 

 

???「そこまでだ!」

 

「何っ!?」

 

「あなたは...副大統領!?」

 

...

 

出たー!!!

黒幕は身内のやつー!!!!

だからスムーズに大統領の家族を人質にとれたやつー!!!!!

 

 

...

 

「ガッカリだよ大統領。家族想いで気の弱いあなたなら、間違いなく核を発射すると思ったんだがね...仕方あるまい。私がこのボタンを押そう」

 

「貴様っ」

 

「おおっとエージェントくんはそこを動かないで貰おうか。いくら強くとも、この距離で眉間に穴をあけたら死ぬだろう?」

 

「さあ大統領。そこを退くんだ。それとも代わりにボタンを押してみるかね?」

 

 

「副大統領...」

 

...

 

もうこれ最後の山場じゃない!?

大丈夫!?

間に合うの!?

まだ!?

まだなの!?

 

...

 

大統領「...そいつはオモチャじゃない。人殺しの道具だ」

 

...

 

お前が言うんかーーーい!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにこの記事?

 

むせ返るほど熱を帯びて吹く風は

いやーー!

サッカー観るの楽しいよねー!

 

え?推しクラブ?ないけど。

そもそもサガン鳥栖名古屋グランパスカマタマーレ讃岐ぐらいしか知らないし。

 

代表戦しか観ないよ。

 

にわか??

 

にわかじゃねえし!

オフサイドとか知ってるし!

 

は?

 

好きなポジション?

 

うーん、MFかな。

 

 

は?ミッド...なに?

 

ちげぇよ!

 

MFと言えば勿論モーガン・フリーマンの事に決まってんだろ!!!!

 

モーガンフリーマンが就きがちなポジションが好きだって言ってんだよ!!

 

なんだサッカーってよ。

 

ほら、お前だってもうシュート決めた奴の名前忘れたろ?

 

だいたいな、あんな

 

「痛いよー!!ぼく倒されたよー!!審判ー!!もう立てないよー!!!!」

 

が、まかり通ってるような欠陥スポーツの話なんかしたってつまんねぇだろうが。

 

そんな事よりも黒人名優モーガンフリーマンがアクションもので就きがちなポジションに憧れるよねって話をしたいだろが!!

 

理想の上司はモーガンフリーマンだろが!!!!!

 

f:id:MementMory:20161007091608j:image

 

そんな事も分かんねぇからお前らは社会の歯車なんだよクソザコきなこもちどもが!!

 

とりあえず

「理想の上司になるための50の言葉」

みたいな本読んでる奴はダメだわ。

 

全然ダメ。

 

もっと勉強して欲しい。

 

20代の俺らの上司になる人なんて、だいたい40後半のメルギブソン世代なんだから「リーサルウェポン」シリーズぐらい見とけよな。

パッション?サイエントロジー

知らんなあ...

 

うるせぇ!純粋に俳優やってた頃のメルギブソンは最高だったんだよ!!!

 

「リーサルウェポン」ってのは簡単に言うと

 

アウトローな若者白人ポリスと、頭脳派ベテラン黒人ポリス」

 

っていうバディもののベタベタ王道パターンを生み出した最高の映画だ!

最高なんだ!

 

f:id:MementMory:20161007091517j:image

 

だから理想の上司っつったらモーガンフリーマンに決まってんだろ!!!

 

まあリーサルウェポンではダニー・グローバーがここで言うモーガンフリーマンの役なんだけどね。

 

バカハナタレミカヅキモが!

 

適度にハードボイルドで、たまに熱いみたいなさ。

そんな上司と毎日喧嘩しながら働きたいよね!

 

相棒シリーズの右京さんが近いかなと思ったけど、ちょっと違うな。

あんな右京さん無双じゃダメだわ。

 

「もうあいつ1人でいいんじゃないかな」

ってなったらダメ。

 

あくまでモーガンフリーマンは堅物がいいの。

 

ラチェット&クランクのクランクみたいな。

 

俺はバカでガキで猪突猛進系のやつがいい。元気と正義感だけが取り柄みたいな。

ジャッキーチェンか亀山くんかメルギブソンがいい。それかブラピ。

最近だとクリスエヴァンスなんかもそんな感じだね。

 

で、上司は堅物で賢いけどフィジカルとかバイタリティは若者には敵わないみたいなのがいい。あとモーガンフリーマンがいい。

 

で、で、そのさらに上の上司っていうか署長は、文句言いながらもなんだかんだ俺とモーガンフリーマンをクビにしない人ね。

 

「まったくお前らはいつもいつも面倒ごとに首突っ込みやがって!」

系の。ハゲデブがいい。ハゲデブ。

そんでいっつも怒ってんの。

 

俺とモーガンフリーマンが捜査熱心過ぎて、上層部から「この件には関わるな」って言われてるような事件に毎回首突っ込んじゃうから、署長が毎日事後処理に追われてる的なね。

胃薬常備してたりすると完璧だね。

 

モーガンフリーマンと俺はだいたい、

 

「ここらが引き際だ。もうこの件から手を引こう」

 

「何でだよ!俺たちがやってんのは正しいことだろ!?」

 

みたいな感じでケンカしたいよね。

 

こまめにね。

 

で、ケンカのあとはだいたい、

 

「もういい!アンタは隠居でもなんでもしろよ!俺は1人でもこの事件を追うからな!」

 

つって突っ走りたいよね。

だって俺は若いし正義感が取り柄だから。

 

で、案の定犯人の策略に引っかかりたいよね。

 

そんで犯行グループに囲まれて、

 

「ハッハッハ。まさに袋のネズミだなぁ?刑事さんよぉ?」

 

みたいな事言われたいね。で、そこで俺は凄い悔しそうな表情を見せたいね。

 

金曜ロードショーならここでCMだろうね。

 

んで、俺の絶体絶命の危機に猛スピードで突っ込んでくる「害獣駆除」って書いてあるでかいワゴンが。

 

もちろん俺を囲んでた犯行グループを吹き飛ばして停車するよね。

 

で、窓が空いてそこに乗ってるのはもちろんモーガンフリーマン。

 

「ネズミの駆除はおまかせあれ。...乗れ!」

 

みたいな粋なジョークを挟みつつ登場してくれたらもうこの人に一生ついてくよね。

 

で、車内で

 

「あんた退職するんじゃなかったのかよ?」

 

「そうしたかったんだが、あいにく俺のやり残した仕事をきちんとこなせる部下が育ってなくてな」

 

 「チッ!言ってくれるぜ!」

 

みたいな会話をしてハイタッチしたいね。

 

で、カーチェイスの末に一旦警察署に戻って、カンカンに怒ってる署長に2人して叱られたいよね。

 

「まったく!!あれほど関わるなと言ったろう!!

いいか!今後一切!この件に手出しする事は許さん!!

わしの目が黒い内はこの件を調べる事も許さん!!!

いいか!!Bの棚の4段目の黄色いラベルのファイルだけは絶っっ対に調べるんじゃないぞ!!!」

 

「署長...!」

 

「ありがとうございます!必ず解決して見せます!」 

 

「フン!...おいジャック!胃薬買ってきてくれ。お徳用のやつを」

 

 

 

みたいなやりとりをしたいよね。

 

理想の上司on理想の上司がいいよね。やっぱね。

 

 

 

 

 

まあ俺には上司も部下も居ないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって無職だからな!

 

\HAHAHAHAHA/   \HAHAHAHA/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい夢見ろよ!

至上の命題

「赤ちゃんはどこから来るの?」

 

という子供達からの質問に対して、何と答えるのが最も誠実で最も的確なのか。

 

今日はいつもの長い前フリはサボってこの人類永遠のテーマ、所謂「至上の命題」について考えていこう。

 

普通に考えるとそれこそラチがあかないので、今回は

・誠実さ

・情報の正しさ

・子供の理解度

これら3点に重点を置いて考えてみよう。

 

1.はぐらかす

 

「ハッハッハ。もう寝なさい。」

 

"誠実さのかけらもなく笑っている奴がいるよ隠しているその手を見せてみろよ"

と、ブルーハーツも唄っているとおりの「大人の悪いところ」

を凝縮した最低の答えがこのパターン。

 

これが1番ダメ。

質問に答えてないし。

こういう事をやる親がいるからバンドマンとかいうクソダメミミズ生物がこの世に生まれるんだ。

 

如何に親や教師という立場にあっても、相手に対する誠意を忘れてしまってはいけない。

 

2.ファンタジー

 

「それはね...コウノトリさんがキャベツ畑から運んでくるのよ」

 

これ。

何故キャベツ?

何故コウノトリ

まず何故コウノトリがそんな事をするのか意図が全く分からない。

ていうか人類は鳥なのかキャベツなのか。せめて哺乳類にしろよ。

あとね、最近の子供はコウノトリとか知らないよ。

ていうかウソつくなよな。

まるっきりウソじゃん。誠意が感じられません。こんなんじゃ変な大人に成長します。

というわけでこれもダメ。全然ダメ。

 

3.LOVE

 

「お父さんとお母さんが愛し合うと出来るのよ」

 

これ。

なるほどね。セックスを少し濁して「愛し合う」と表現した訳だ。

 

ヘドが出る。

フランス人のオカマフェミニスト野郎みたいな表現。

 

ていうかさぁ...

愛も恋も知らない子供に何言ってんの?

 

そもそも愛のないセックスをした奴らの方が子供出来やすいだろ。

そこに愛があるなら、人はコンドームをつけるんだよバカたれミドリムシが。

 

 

「快楽のみを求めてどちゃくそにセックスしまくると出来ちゃうんだよ」

 

って言った方がまだ好感が持てるわ。

 

そんなこと教える親が居たら虐待だし、教える教師がいたらセクハラで懲戒免職だけどな。

 

 正しさってのはいつだって受け入れられる訳じゃないんだぜ。

 

子供にエロい事教えるのは普通に正しくないけどな。

 

じゃあどうしたらいいの!?

 

ねぇ!答えてよ!

 

はぐらかさないで教えてよ!

 

あの頃みたいに囁いてよ!

 

あの子に飽きたらすぐ呼んでよ!

 

そして壊れるぐらいに抱き締めてよ!

 

アタシもう嫌なの!

子供に間違った知識を植え付けるのは疲れたの!!

 

ごめんなさいアタシったらすぐ感情的になって...

 

ううん、いいの気にしないで。アタシが悪いわ...

 

うん、でも、

 

でも、もう少しだけ...

 

もう少しだけこうしてても...

 

いいかな...?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわかり頂けただろうか。

 

「元カレに相談するも、ヒステリーを起こして、どさくさに紛れて告白して優しくして貰う」

 

これが、女性から仕掛ける際の最も成功率の高い寝取りパターンである。

 

いやぁ、男に生まれた以上、人生で一度はこんな事言われてみたいよね。

 

は?赤ちゃん?

 

なにをいつまでもガキみたいな事言ってんだ!

 

知るか!寝ろ!

 

ねーよ答えなんかよ!

 

よそはよそうちはうち!

 

早よ寝ろ!

 

「人が自由を失う覚悟が出来た時、自ずと赤ちゃんも出来るのよ」

 

とかこういういい感じの事言っとけ!

 

こちとら連勤真っ最中で更新する内容も思いつかないまま見切り発車で記事書いてんだよ!

 

いいだろたまにはこんなオチでも!

 

 

 

じゃーな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避妊、しろよな!

してみたいこと

はーーーーーー

 

つまんなくね?

 

人間。

 

だって人間って生まれてから死ぬまで人間なんだよ?

 

 

つーまんなくねぇー?

 

 

飽きたわ人間。

バカか。

起きて飯食ってクソして寝るサイクルになんかちょろっと付け足すだけだろ?

そんで?

ふんふん、楽しいこともあるだろって?

言ってみ?

 

ふんふん、

なに?

 

恋して?

キスして?

おしゃれして?

 

女向けの洋画のタイトルみたいだな!

 

うるせー!

 

飽きたの!もう!

 

アタシもうゆっくり死んでいくだけの生活は嫌なの!

 

じゃあどうなりたいかって?

 

バカか?そんなもん決まってんだろ!

 

なんか狼的なやつに噛まれて徐々に獣に変わってゆく己の抗えぬ運命に絶望したいに決まってんだろ!!!!!!!

 

バカが!!

 

お前らみたいなクソアホミドリムシ共がうだうだやってっから狼的なやつが現れねえんだろうが!!!!!

 

あー徐々に人間性を失って凶暴化していく己の力に震えたい。

 

「化物め!」

とか言われたい。

 

そんで村人たちからの迫害に辟易としてやさぐれたい。

やさぐれてるけど、決して人間を襲わないってポリシーを持った化け物になりたい。

 

そんで澄んだ瞳の子供に警戒心ゼロな感じで近付かれたい。

 

「お前、俺が怖くないのか」

「うん、全然怖くないよ?」

 

みたいなやりとりをしたい。

 

ゆくゆくはその子から

「おじさん、どんぐり食べる?」

って、

一生懸命集めたどんぐりを会う度に渡されたい。

 

心配されたいよね。やっぱ。

狼男なのに人喰わない生活してっから当然痩せてくわけよ。俺は。ふだんから木の実とかキノコとかしか食べてないからね。

 

で、

 

「チッ、だから俺はどんぐりなんて食わねえんだよ...」

 

とか言いつつも受け取りたい。

生のどんぐりなんて消化もできないのにね。

 

そんでその夜は人の優しさに久々に触れた事で溢れ出した悲しさや嬉しさを爆発させて1人で泣きたいね。

 

あ、もちろん俺は狼男になってからは人目を避ける為に森の小屋みたいなとこに1人で住んでる設定ね。

 

で、しばらくしてから

「俺のとこに来てるとバレたら叱られるからもう来るな」

とか言って少女を遠ざけたいよね。

もちろん、遠ざけたら少女はすごい泣いて帰っちゃうの。

懐いてるから。

 

で、俺は

 

「これで良かったんだ...これで...」

 

とか言いながら、止まらない体の変化と、人間性を少しだけ取り戻した心とのギャップに苦しみたいよね。

 

で、次の日が来て、

少女が泣きながら森の人喰い狼男(濡れ衣)の隠れ家から帰って来たってことで、本格的に狼男狩りが始まんの。

 

教会の神父が躍起になって俺を殺そうと村人たちに呼び掛けて、みんな松明を手に

「出てこい化け物ォ!!」

つって毎晩森を歩き回んの。

 

で、その村人たちを観察するギラギラした金色の目玉がふたつ。

 

そう、最初に俺に噛み付いたアイツ。

 

アイツは本物の人喰い狼モンスターだから、ヒトの匂いに誘われてまたこの村を襲いにやって来たらいい。

来たらいいっていうか、来るんだけど。

 

で、村人が何人か犠牲になるわけ。

 

そこで再び、

 

「やっぱり人喰い狼男は居たんだ!」

 

ってなって、夜間のパトロールの人数が増えて、更に犠牲者が増えるっていう負のスパイラルに陥るの。

 

だって村人たちは神父含め普通の人間だからね。そりゃ勝てないよね。

 

で、俺は森の小屋で悩みたいよね。やっぱね。

俺を虐げ続けたこいつらの為に、わざわざ自分の身を危険に晒すべきか否かの葛藤があるよね。

最初の方はね。

 

でもだんだんと人間らしい考え方が出来なくなってくんの。

どんどん記憶とかもぼやけて来て、自分が何者なのか、なんで飢えてるのかも分かんなくなってくんの。

もうこの時点でだいぶ狼男だから。

 

「腹...減ったな...肉...」

 

みたいな思考になってんの。

でも何故か忘れらんない事があんのよ。

 

もう誰だか分からないけど、金髪の女の子の笑顔とぬくもりだけは鮮明に覚えてんの。

 

だから泣きながら、理由も分からないけど、大事そうに箱にたくさん詰まってるどんぐりを喰うの。

消化できない癖にね。

自分じゃ何で溢れてくるのかさえもう分からなくなった涙を流しながらね。

 

もちろん生だし皮ごとだから全然美味しくないよ。

でも食べる。

全然美味しくないのに、

どこか懐かしくてあったかくて、心だけは満たされる気がするから。

 

そんな日がいくつか続いた後、泣き疲れて寝てたら、

 

「ついに見つけたぞー!狼男の隠れ家だー!!」

 

っていう神父の声で目が醒めんの。

 

村人たちは次々に火のついたたいまつとか石とかを俺の小屋に投げつけながら、殺された家族とか友達とかの恨みつらみを浴びせてくるんだけど、

 

もう俺は人間の言葉も理解できなくなってるから、ただ怖くなって外に飛び出すわけ。

 

哀しさ、怖さ、熱さぐらいしか分からないんだけど、それでも絶対に反撃はせずに、ボロボロになりながらも森を抜けて、かつては自分が住んでた村に辿り着くの。

 

もう記憶も残ってないはずなのに、本当は帰りたかったあの村に辿り着くの。

 

で、村には女と子供しか居ないの。

村の男たちは狼男狩りに出払ってるから。

 

そこにアイツが目をつけない筈がないよね。

 

そう、俺を噛んだ人喰い狼男。

 

そいつが村の子供たちが集められて寝てる教会に忍び寄るよね。

 

で、そいつが教会の扉を叩き壊して浸入したら?

まあ子供達は目を覚ますわな。

 

で、みんなすげー怖がるよね。だって今から喰われるって未来以外想像できないんだもん。そりゃ泣くよ。

 

でも1人だけ泣いてない子が居るの。

その子は子供達全員の前に立って、震えながらアイツと対話を試みようとすんの。

 

でもアイツは人喰いだからもちろん子供達を食べる気しかないよ。

 

でもあの子は優しいから、震える声でこんばんはって話しかけんの。

 

でもアイツはそんなのお構い無しに襲いかかるよね。人喰いだもの。

 

他の子供達がもう駄目だと思ったその瞬間、雄叫びを上げる狼の声が村中に響き渡る。

 

そう、俺。

 

俺の声。

 

で、アイツとあの子が思わず声の方を見ると、そこには月明かりに照らされて、影を長く伸ばす俺の姿が。

 

子供達は2匹目の登場に、さらなる絶望を抱いて今度こそ人生を諦めた顔をしてるよね。

 

でもよく見て?

俺をよく見て?

あれれ?

2匹目のほうはなんだか痩せ細ってるし傷だらけのボロボロだぞ?

 

あの子だけは、俺がボロボロだけどよく見たら見覚えのある服を着てることに気づくよね。

 

そこで安堵の表情を浮かべて欲しいよね。

直後、緊張の糸が切れて泣き出して欲しいね。

 

で、泣きながら言うの。

 

「おじさん...助けて...」

 

って。

 

 

それが狼男たちの殺し合いのゴングとなって、襲い掛かりたいよね。アイツにね。

 

でも片やボロボロの痩せ狼で、片や毎日たらふく食っててムキムキの超強そうな狼だよ?

 

勝てなくない?普通に勝てなくない?俺。

大丈夫なの俺?

 

大丈夫じゃないよね。

 

引っかかれるわ噛まれるわでもう子供達には見せられないレベルで血だるまにされるよね。

ボッコボコのズタズタの満身創痍のけちょんけちょんって感じになるよね。

もうさ、俺の体は幾度となくばっちんばっちん壁とか天井とかに叩きつけられて、その衝撃で教会の鐘の音がゴーンゴーン鳴り響くよね。

深夜の村に鐘の音が鳴り響く異様な光景と化すよね。

 

でも立ち上がりたいよね。そこは。

何度倒れても、喉がヒューヒュー言っててもがむしゃらに立ち上がりたいよね。

 

何でこんなに辛いのに立ち上がるのかも分からなくなってしまったけれど、不思議と力が湧いてくるんだ的な理由でね。

 

で、俺とアイツが戦ってる間に子供達は教会から外に逃げるよね。

 

そりゃ命掛かってるからね。

 

あの子だけは逃げようとしないんだけど、他の子に腕を引っ張られる形で無理矢理連れてかれるやつがいいね。

 

その際はずっと俺の事呼んでて欲しいね。

 

もう、

「おじさあああああん!!!」

なんて背中から呼ばれても頭では理解できないんだけどさ、心がさ。

 

心が覚えてるからね。

 

じゃ、頑張んないとさ。

 

頑張るって言ってももう脚は折れてるわ腕は千切れかけだわ片目は潰されてるわ牙は折れてるわ身体中噛まれて穴ぼこだらけだわでほとんどゾンビみたいな状態なんだけどね。

 

で、とうとう立ち上がる事すら出来なくなって、アイツは俺をいたぶるのにも飽きて、教会の出口に向かおうとするよね。

アイツの目的は子供達食べることだからね。

 

でもアイツの足に弱々しく噛み付くよね。

 

そう俺が。

 

残った片目で睨みつけて。

潰れた喉で唸って。

 

そんな俺に苛立ったアイツが、もう一回振り返って今度こそ俺に致命傷を与えようと爪を出したその時、

 

教会が燃え出して欲しいよね。

 

で、ここで教会がなんで燃え出したかの回想シーンに行きたいよね。

 

...

 

...

 

...

 

「遠吠えだ!狼の遠吠えが村の方から聞こえるぞ!」

 

「チクショウ!奴め、手薄な村を狙いに行きやがったんだ!」

 

「急いで村へ戻れー!!」

 

...

 

...

 

...

 

「鐘の音だ!鐘の音が聞こえる!教会だ!」

「教会の中には子供達が!!」

「急げぇー!!」

...

 

 

 

...

 

 

 

...

 

 

はい。

こういうこと。

 

もちろん最初の遠吠えは俺のやつね。

 

アイツはずる賢いからわざわざ自分の居場所を教えるような真似しないもんね。

 

じゃあ俺はバカだから吠えたのかな?

違うよね。

 

そうだね、俺に残されてた人間の部分がそうさせたんだね。

 

俺は本能で「アイツには勝てない」って分かってたからね。

 

じゃあどうするか。

 

村人たちの、数の暴力に頼るしかなかったよね。

 

実はばっちんばっちんやられてる時も自分から身体を捻って鐘にぶつかるようにしてたりとかしてね。

 

そんな奇策の甲斐あって、教会はもうメラメラに燃えさかりまくってるよね。

 

残りの力を全部噛む力と、教会の椅子にしがみつく力に使ってる俺はもう絶対にアイツから引き剥がされたりはしないよね。

 

すごい燃えてるのに。

 

アイツは必死にもがくけど、もう駄目。教会の外では村人たちが次々にたいまつを投げてるからね。

教会は凄い速さで燃えてくから。

 

で、ここら辺でカメラを引いて、燃え盛る教会と泣き叫ぶあの子を写して貰って暗転して欲しいね。

 

暗転ってあれね、画面がゆっくり暗くなってくやつね。

 

で、あわよくばここから10年の月日が流れて欲しいよね。

 

 

...

 

 

...

 

 

...

 

 

ある日ののどかな春の村から、元気よく

「行ってきまーす!」

 

って、かわいい声が響いてさ。

そこには利発そうな金髪の美少女が居てさ。

 

で、かつて教会があったとこには大きな木が生えてんだよね。

 

そう、コナラの木が1本。

コナラの木が今年も実りを迎えてさ。

 

 

 

まんまるでピカピカの、どんぐりを枝いっぱいに実らせてさ。

 

 

風に揺られて落ちるどんぐりがひとつ。

 

 

それをあの子が拾い上げてさ。

 

 

「ねえおじさん。」

 

 

 

「どんぐり、食べてくれてたんだね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでエンディングを迎えたいよね!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

どう!?

 

 

絶対今の生活より良くない!?

 

ウェアウルフでロンリーウルフだよ!?!?!?

 

 

どうこれ!?

 

 

泣いたっしょ!?

 

何人か泣いたでしょ!?

 

 

どう!?

 

最終的に木になるっていうね!!!

 

しかも多分さ、

 

 

この木に耳を当てると聴こえるよね

 

 

あの狼の遠吠えが。

 

 

 

 

 

 

 

どうこれ!?

 

どう!?

 

 

なりてぇーーーーー

 

こうやって人生を終えてぇーーーーーーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっとそろそろエロ動画サイトを巡回する時間だ

 

 

シーユー!

ザキヤマ法案

よくさぁ、

 

「日本人は敬語をやめるべきデース」

 

って外国人に言われるじゃん?

ドリームキャストの「シーマン」ってゲームでさ、おっさんみたいな魚に

 

「日本人はね、会社で一回敬語をやめてみるべきだね。おい●●、お前さぁ...って上司に言える環境が出来ればサラリーマンはもっと気持ちよく効率的に働けると思うよ。」

 

って言われたことあるし。

あいつはヒトですらなかったけどさ。

 

結構的を射たこと言ってたと思うわけよ。魚の割に。

 

でもなかなか実践するのは難しいよね。

それこそ1番上の人間が言わない事にはさ。

 

そこで我々のような下っ端の社会の歯車の歯車の歯車のビスの油みたいな奴らでも頑張れば実現できそうな代案を持ってきたからちょっと聞いてくれよ。

 

例えばどこでもそうだけど、上司っていうのは9割型変なタイミングで怒るじゃん?

 

え?そこ?

 

みたいなとこに、

 

え、今?

 

みたいなタイミングで怒るじゃん?

 

これさぁ、怒ってる本人以外の人間は全員が

「ええ?」

ってなってると思うんだよね。

 

じゃあ多数決的にはこっちの勝ちじゃない?

だったらたまには民主主義の暴力に訴えてもいいと思うんだよね。

 

1人が立ち上がったところで出る杭はへし折って叩き潰される世の中だから、みんなで一矢酬いてみたくない?

 

しかもこれ、一矢酬いても相手はノーダメージなの。凄くない?

さっきの、

 

「ええ?」

 

の雰囲気の時に全員が嫌な思いしないで済む魔法の言葉があるんだよ。

それがこれ。

 

 

 

「怒んなよぉー!!」

 

 

 

これ。

 

いや、分かる。あまりに突拍子も無いもんね。分かる。でも聞いて。

 

いやさ、だいたいの人はね、変なとこで怒っちゃった時の雰囲気って察知できるのさ。

 

(やべ、ええ?の雰囲気だこれ間違えたわ。でも恥ずかしくて引き下がれないからなんとなくプンプンしとこう)

 

みたいな事考えてんのよ。

 

上司側もさ。人間だからね。

そりゃたまにはそんな事も分からない奴も居るかも知れんけどね。

 

そんな上司側としても、ナイスパスを待ってるんだよ。

底抜けに明るいバカからのナイスパスをさ。

実際怒っちゃった上司ってちょっと申し訳なさそうじゃん?

 

だから上司側にも決して悪いイメージは持たれないんだよこれ。

 

「怒んなよー!!」

「おこっ、怒ってねーし!///」

「もーー●●さんすーぐ怒るんだからー!」

「う、うるせーよバカ///」

 

みたいな空気にしちゃえば誰も傷つかないで且つ変な空気になることも無い。

win-winじゃない?

竹山-ザキヤマじゃない?

 

もちろん普段は適度におちゃらけはするけど、ちゃんと敬語も使うし尊敬もしてますよーって関係なのが大事なんだけどね。

 

これなら溜め込みやすい日本のサラリーマンでも頑張ればどうにかできそうじゃない?

 

というわけで数週間前から実践してるんだけど、割と結果にコミットできてる。

 

どれだけ明るいバカを演じきれるかがポイント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、でも俺無職だったわ